TOPページLED水中灯製品情報水中照明会社概要アクセスマップお問い合わせパンフレットEnglish page
 ■会社概要
代表取締役  花井 慎一郎
設立
 1979年6月
主業種名
 水中灯,集魚灯,漁業用及び海洋調査用電気機器の製造,販売
資本金
 10,000千円
従業員
 10名
役員
 (専務取締役)小谷一之 (取締役)小崎英雄 (監査役)花井伸子 
取引銀行
 福岡(赤坂門),佐賀(福岡),広島(福岡),商工中金(福岡)
販売先
 菊谷茂吉商店,海友商社(韓国),九州船舶電器 
 古野電気,三信船舶電具
仕入先
 GSユアサ,日立電線商事
概歴
1979年
 ハロゲン水中灯を開発(業界初) PAT
 資本金500万円にて設立
1982年
 メタハラ水中灯を開発
1984年
 水中灯,海洋センサーの電動式自動巻揚機を完成 PAT
1985年
 メタハラ安定器(独自方式)を完成
 鉛直水温計を完成
1986年
 イカ釣り用水中灯システム(SWSY)を開発しイカ釣漁法を変える(業界初)
1987年
 資本金を1,000万円に増資
1988年
 有指向性集魚灯マリンビームを開発(業界初) PAT
1995年
 リアルタイム式鉛直水温塩分計を開発(業界初)
1997年
 全自動収納式水中灯巻揚機を開発(業界初) PAT
1998年
 高効率10kwメタハラ水中灯を開発
2000年
 ML型水中灯灯具を開発 PAT
2000年
 ECOLAMP開発に着手
2003年
 LED水中集魚灯の開発に着手
2004年

 農林水産省補助事業
 平成16年度水産業構造改革加速化技術開発事業
 「東海・黄海の大中型まき網漁業における中層トロール技術等
  を導入した新たな操業システムの開発」において,
 「可変色発光LEDを使用した新水中集魚灯の研究開発」を実施

2005年
 農林水産省補助事業
 平成17年度水産業構造改革加速化促進事業
 「東海・黄海の大中型まき網漁業における中層トロール技術等
  を導入した
新たな操業システムの開発」において,
 「可変色発光LEDを使用した新水中集魚灯の研究開発」を実施
2005年
   2005年7月 横浜支店を開設
 ■追 記

 ・世界初のハロゲン水中灯を開発し,関連機器を含めて常に独自な開発を行っている。
  特に1986年に開発・提案したSWSYはイカ釣漁法そのものを技術改革し,
  今や国内,韓国,台湾,近年は中国の遠洋イカ釣船に不可欠な漁具となった。
  さらに沿岸小型船用の全自動水中灯システムを開発し,漁業のコストダウンと
  効率操業を目指し,より一層の普及をはかっていく。

拓洋理研TOPへ